coupe du Japon XCO#5 杉ノ原スキー場/新潟県妙高市
天候:曇り
コースコンディション:マッド
タイヤ:前BARZO2.2 / 後DARTY DAN (F1.2/R1.6)


22時頃に寝たもののなかなか寝付けずふと時計を見たら0時になっていたことに愕然。
ようやく枕が高くて硬いせいかもということに気付いてバスタオルと座布団で代用してなんとか3~4時間睡眠。
断続的に変な夢を見ていたりと寝た気がしない。

160924a.jpg

朝食はどうやらフライ+小鉢いろいろというのがデフォみたい。
先行組から最寄のコンビニは駆逐されているとの連絡を受けたので、さらに離れたコンビニまで買出し。
妙高は買出し攻略が難易度高い。

夕方には雨は上がっていたものの、思っていた以上にコースコンディションが悪い。
むしろ昨日より悪化している。
マスターが始まる前にイナ様が「ギリギリドライタイヤでいけても却って脚を使って消耗するのでマッドタイヤ」と言ってた。
この時はあまり重要視していなかったけど、実際にイナ様の終盤からの追い上げを目の当たりにしてリアをマッドタイヤにすることに決めた。
ウエカワさんからも繋ぎセクションがマッドでいやらしいと聞いたことも後押し。
新品タイヤでエア漏れが止まらず、アップの間にビニールテープで押さえてなじませる羽目になったのは想定外だったけど(えー)。
アップは坂下から4本。

土曜日開催ということで50人そこそこと大量ポイントゲットも望める。
中堅どころが少ないチャンスをものにしたい。
出足はイマイチもゲレンデに入るところが完全マッドだったおかげでちょっと挽回。
フィード登りの手前がもっともマッドと聞いていたけど、押していた選手はドライタイヤと思われる。
ここでマッドタイヤが当たった!と確信、これで第4ST以外は全乗り出来るはず。
ゲレンデ登りでも順位を上げ、直登後ぐるっと回ってSTへというところでハンドルを切りすぎて転倒。
抜いてきたのがフイになってしまった。
第4STは登り返しからの下りは乗れたけど、下った先で押してきた選手に抜かれたので以降は押しで。

2周目。
35位前後っぽい。
ほぼイメージどおりの展開。
格上のカミヤさんがマッド路面で苦戦しているのを尻目にパス、その後抜き返されたけど最後まで離れることはなかった。
前の選手が見えているのになかなか追いつけなくてもどかしい。

160924b.jpg

3周目。
カミヤさんが苦手にしているフィード下のマッドセクションで前に出て逃げ切りを狙う。
ここを登りきったところでトップが4周目に入っていたのでこの周回で脚切りかも?ということを頭に入れておいた。
そのこともあってちょっと無理してゲレンデを登りきる前にヤナイ選手をパスしたけど、脚切りの気配なく4周目へ。

4周目。
おそらく32、3位といったところか?
ようやくボーマくんの背中を捕らえられるか?というところまで挽回。
フィード前で追いついてゲレンデでパスとイメージしていたけど、最初の登りを登りきる直前で前輪を滑らせて転倒。
その間に背中が遠ざかってヤナイ選手にも差し返された。
一度は抜き返したけど、ゲレンデ登りでカミヤさんと共に抜かれた。
ここで無理してでもついて行くべきだった…。
第3STを抜けてからのキャンバー登りでもう1チャンスと思っていたら、抜けた先が脚切り地点だったとか。

160924c.jpg


36位/50人とスタートリスト順どおり。
タイヤチョイスは当たったものの残留争いな選手には置いていかれた。
最後に2人抜かれたのはまずかった。
最低限のノルマはこなせたけど、終わってみるとなんともビミョーな結果だ。
あと、脚切り地点はちゃんと確認しておこう。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する