全日本MTB選手権XCO 富士見パノラマスキー場/長野県富士見町
天候:曇り
コースコンディション:ドライ&ウェット(一部マッド)
タイヤ:前後FastTrak (F1.2/R1.0)


4時にトイレに起きるまでノンストップの快眠。
二度寝後も比較的寝付いていたような。

160717a.jpg

栃木組が先発、後発組も6時45分に朝食とちょっとだけ急いで追っかけた。
今日はDHが無いので楽に駐車スペースを確保できると思っていたけど、みんな出足が早かったようでギリギリだったみたい(ありがとう)。
なんとか今日一日持ちそうな気配だったけど、午後から降り出す天気予報。
自分の属性からも肯定するしかない(ヲイ)。
多少の雨ならFAST TRAKでいけるけど一応マッドタイヤもスタンバっておいた。
午前中に出走のチームメイトはコバヤシくんが5位と気を吐いたくらいで軒並み撃沈…。
この悪い流れをなんとかしたいけど、正直なところ強気になれる要素も少なかったり。
アップは会場前の坂を4本、いずれもじんわりと上げていくだけ。
雨もレース中は降らなそうだ。

160717b.jpg

スタートはちょうど真ん中くらいでコースの一番右サイドから。
落車も無くスムーズに流れに乗ったもののスタートループ中盤で早くも失速の気配…。
ST入り口の岩越えでサマタくんにスパッと抜かれたのでついていったもののゲレンデ登りでついていけず。
ピーク手前から押しになってさらにぜーはー上乗せして早くも赤信号。

1周目。
目の前にいたサマタくん&ボーマくんのライバル指定度MAXな2人から完全に千切れた。
決して飛ばしていたわけでもない1周目のペースを維持したくてもそれすらできなくてST登りで後続に抜かれ始めた。
SPARKで走っていたらもっと悲惨だったかもしれない。
まずは息を整えてからとロックセクション&丸太3段を下ったところでヨネヤマ選手に先行された。
後ろにいたことすら気付かなかった。
なんとか付いていけるペースだったのでコース前半引っ張ってもらって、左ST終盤に前に出てコース後半へ。
たぶん52位とかそれくらい。

2周目。
再びヨネヤマ選手登場、振り切るだけの脚が無いのがしんどい。
岩越えでラインが被ってヨネヤマ選手が前に出たけど落車、ダメージは無かったみたいですぐ追いつかれた。
さっきは振り切るのに手間取ったので緩いコーナーを利用して加速、なんとか振り切ることに成功した。
ピークへのゲレンデ登りでは4人パックが連なっていて追いつけそうな感じ。
ST下りでアリモチ選手に追いつき、下った先の登り返しでダンシングでパス。
脚きりテントでアリモチ選手の次から脚切りの声…危なかった。

3周目。
前との差もけっこうあったし抜き返されることは無いだろうと流し気味に走るつもりも、イナ様、ウエカワさんから欲しくない叱咤激励が(苦笑)。
ST登りを終えてフィードゾーンを通過したところでレオナ選手をパス、岩越えの先でラインが重なったけど前を主張して譲ってもらった。
少し前にノースが見えていたけど、ピークへ向かって押している時に下り始めていたのでさすがに追いつけることもなくそのまま脚切り。

160717c.jpg


49位/72人と撃沈。
5月の富士見が50位、コースレイアウトの大半が同じだった全日本でも結果を残せなかった。
7月に入ってから感じていた不調を解消しきれずに本番を迎えてしまった、ってのは言い訳か。
それでももう少し走れると思っていたんだけどなぁ(´・ω・`)
サマタくんも48位、リザルト下位に揃ってtours.netの名前が残ってしまった(泣)。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する