信州クロス #7富士山 / 静岡県富士宮市 YMCA富士山

天気:晴れのち曇り
コースコンディション:ドライ
タイヤ:F:シラクCX / R:シラクCX (F1.3/R1.2)


6時家出で8時半に会場着。
年末に備えてか首都高も中央道も渋滞皆無で予定より早く到着できた。
先着していたキヤノンCC組によると、登りと下りしかない踏み踏み系ということだった。
コースに入ってみるとたしかに登っているか下っているかの超ウェルカムコースじゃないか。
これでSTもあったら完璧だったのに。

151220a.jpg

特に難しい箇所は無いけど、長い下りからカーブしつつのシケインはちょっと苦手。
朝の試走ではクリンチャーのGriffoで、お昼の試走ではシラクCXで走ってみたけど、シラクのほうが好感触だった。
ただ、コース全般バンピーなので1.4気圧程度でもおさえがきかなかった跳ねまくり。
思い切って1.3/1.2気圧まで落としたけどシラクなら無問題なはず。

エントリーは31名(出走30名)。
今日はJCXの裏開催になるので66%クリアを狙っていたのに、リストには小坂親子、山本幸平、OGAと何気に濃いメンツが揃っていて凹んだ。
10人3列の3列目左側からスタート、コース幅があるのでスルスルっと難なく前に上がることができた。
1コーナーから下って長い登り入ってさらに前進、この時点で好調子というかコース適正抜群だと実感。
瞬間最大風速は8、9位だったと思う。
シケインに戻ってくる下りで10位パックの後方について2周目へ。

151220c.jpg

2周目以降はこのパックについていくのがしんどくなって自分を頭に4人パックが形成。
前方パックを追いかけるというよりもこのパックから脱落しないことを意識していた。
コースサイドからも「見える範囲で大丈夫」と言われていたので10位台前半だろうと思っていたけど、5周目に14位
と教えてもらった。
このパックで要注意だったのがBC誌の中の人選手。
緩い下りで追い抜かれて登りで抜き返すを繰り返していた。
とはいえ、下りは休みと割り切っていたし、脚質的に登りで抜き返せると思っていたので落ち着いていた。

6周目に入って今日こそは66%クリアは確実だと思えた。
前から落ちかけている選手にも追いつける手応えもあった。
ダブルピットの前から登りに入ったところでクランクが空転、チェーン落ちしたかと思ったらチェーンが切れていた…。
ミッシングリンクで切れていてリンクの片側も無くなっていたので直すこともままならずそのままDNF。

151220b.jpg


余裕を持って66%クリアできるペースだっただけに凹むけど、自分の整備不良だから仕方ない。
ロー側2段目に入れた時にチャカついていたからこの時にはもうおかしくなっていたんだろう。
先週の宇都宮同様、コース適正が噛み合えばなんとかなりそうだからめげずに頑張ろう。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する