XCO CJ2クロスカントリーinみさか自然の森/山口県下関市

天気:曇り時々晴れ
コースコンディション:ウェット
タイヤ:前Rocket Ron/後Fast Trak (1.2/1.0)

いやぁ珍しくよく寝た。
夜中に2度、さらに明け方にもトイレに起きたけど、いずれもすぐに寝付いて起きたら6時55分。
睡眠はバッチリだ。

20151116062919c44.jpg

朝食はブッフェだと思っていたけど朝定食だった。
ごはんがおかわりできることに変わりないんだけどね。
ちゃんとした朝定食に満足。

会場まで20分程なので食後はダラダラ過ごして9時に出発。
愛知組と合流したらすることが無くなってまたもやダラダラと…。
そのうちに眠くなってきたので施設内で11時半過ぎまで横になってた。

20151116062934f6c.jpg

正念場ってレベルじゃねーぞ

出走者が18人でゼッケンはNo.9。
改めて残留条件を確認すると、シングルならほぼ残留、10、11位だとビミョー。
12位以降ならほぼアウトという感じ。

アップは会場に向かう反対側の坂で20~30分。
後半戦3/4でノーポイントと絶不調に陥っているので全く自信のない中でスタート。
序盤は抑えることを意識していたら同時スタートのジュニアの選手が前に入ってしまってスムーズさを欠くことに。
登り返しでことごとく脚付きストップ…さすがに参った。
おまけにウェット路面に慣れるのに時間が掛かって前方パックから離れてしまった。

2周目。
例によって苦しくなって16位…マズイってもんじゃない。
今日もまたダメなのかと諦める寸前。

3周目。
同じく出遅れたキッタさんに前に出てもらった。
もう自分じゃどうにもならない。

「キッタさんなら…キッタさんについていければ何とかしてくれる」

苦しい、ひたすら苦しい。
必死についていって2人パスすることができた。
独りだったらとっくに心が折れていたと思う。

4周目。
その甲斐あってか身体はだいぶ落ち着きを取り戻した。
3周目に追いつけなかった専務パックをコース前半でパス、その勢いで後半にはクニヨシ選手もパス。
当初は何人抜いたから○○位と把握していたけど、もはや順位のことは頭から消えていて前に見えたら絶対に抜くってことしか考えていなかった。

151115.jpg

5周目。
キッタさんとのランデブーは変わらず、前半の登りでまた1人抜く。
コース中盤にヨッシー選手とアリモチさんパックが見えてきて後半の登りでは射程圏に。
だけど、ここでキッタさんから離れてしまった。
グラウンドに出て前を確認するとキッタさんはパックの前に出ていた。
勝負どころで力を発揮するのは流石としか言い様がない…。

6周目。
とはいえヨッシー&アリモチさんはまだ射程内。
前半の登り、できればジープロード登りのうちに前に出たい。
まずアリモチさん、続いてコース幅が狭くなる手前でヨッシー選手を抜いた。
STに入れば下りではフタをして登り返しで差を広げられる筈だ。
前半のピークを終えてからは登りでは踏みまくって下りでひと休み、そしてまた全開の繰り返し。
よしっ、後ろは突き放した。
フィード裏からの登りでキッタさんが再び見えてきた。
追いつくのは難しかったけど最後まで踏み倒してゴール。


ゴール後、サトシンさんから「ギリギリアウトだったかも」と告げられてダメだったかぁと落胆したけど、自分でもそんな感じだと思っていた。
残留争いはポイント的に有利だったキッタさんが当確、さらにryu君が6、7位で上がって見事差し切り。
みんなにギリギリアウトだったみたいと話していて、リザルト待ちの間も仕方ないなぁと諦めていたんだけど、貼り出されたリザルトは9位/18人だった。
サトシンさんがリザルトを見て残留状況を確認、「残留できてるっぽい」と…マジっすか!?
写真を撮って集計プロのイトウさんへ即送信(苦笑)。
暫くして「おめでとうございます」と連絡がきた。

201511160629577b1.jpg

最終的にランキング58位でなんとか残留できた(まだJCF公式じゃないけど)。
下関組ではキッタさん、ryu君、ボクの3人が滑り込み、圏内組だったボーマくんも残留と身近な選手が揃って残留できて本当によかった。
最後まで苦しいシーズンだったけどホッとしている。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する