5時家出で妙高へ。
行く前に中央~長野道よりも関越~上信越経由のほうが若干距離短縮になることがわかったので、どうせならと圏央道あきる野ICまで下道で移動して高速料金をちょっと削減。
ちょっと遅れ気味だったけど時間はたっぷりあるので道中は省エネ走行。
長野道では覆面パトカーに捕まってるのがちらほら…。

10時過ぎに会場に着いたけどのんびりと過ごしてから12時から試走へ。
846プロデュースということから比較的イージーではないかと予想していたけどズバリ的中(えー)。
コースは木島平とニセコ、白馬を足して割ったような雰囲気で林間STは少なめで距離も4kmと短い。
前半は下り~平坦基調で中盤からガッツリ登って終盤は短いST下りを繋ぐというレイアウト。
うん、ローテク登り系という大好物なコース。

問題は肩と手首があいかわらずという点。
肩の痛みが酷くてただ乗っているだけでもツライ。
なもんで、1周流したところで富士見の時と同じくアキュパワー@妙高出張所へ駆け込んでなんとか走れるようにしてもらった。
ありがとうございます。

施術してもらってから再びコースイン。
3つ目のSTにある2コブ越えがちょっといやらしいけど真ん中をズドンって感じで問題なくいける。
と、思ったら3回目の試走で左に流れて立ち木に追突。
危なく左手首を悪化させるところだった…。


宿は会場下にある美雪荘という民宿。

150613a.jpg

美味しかったかったので安定のごはん3杯余裕でした。
ただ、宿には駐車場が無くて小川を挟んだ対面の村営駐車場に回されたのは想定外…。
これ、雨が降ってたら大幅に減点だよなぁ。
夕食後はTVを見て21時半頃に寝た。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する