施設は6時迄施錠がされているので、荷物を整えて5時50分にロビーで待機、開錠とともにダッシュで出発。
今日もなんとか第一駐車場をゲットできてよかった。

141130a.jpg

141130b.jpg

昨日よりは冷え込んだものの今朝も暖かい(6時で3℃くらい)。
雨の心配も無いし絶好のレース日和になりそうだ。

141130c.jpg

で、辛めの朝食で温まる(笑)。
今日も朝イチC3AなJT師とウスイさんを応援してダラダラしていたらおなかが空いてきたので。

141130f.jpg

141130e.jpg

BUCYOパスタの麺2玉と麻辣もつ煮飯

BUCYOパスタは昨日も食べたけどガチで美味しい。
トマトソースとフィットチーネの相性は抜群だ。
麻辣もつ煮飯はちょっと脂っこいからレース前には不向きだったかも。
さすがに全部は食べてないけど、もつ煮飯とパスタ0.8玉くらいは食べてしまった(笑)。
野辺山は飲食ブースが充実していて他にもいろいろ食べたいものがあったけど、エリートで走ると食べられないのが残念。

途中までC2のサトシンさんを応援して自分の準備を。
タイヤは昨日と同じくシラクCX、昨日の疲れから脚が重いのでアップはメディオ域で40分回し続ける感じで。

野辺山シクロクロス day2 滝沢牧場/長野県佐久郡

天気:晴れ
コースコンディション:「泥」
タイヤ:前後シラクCX(F1.6/R1.6)

昨日より参加人数が多かったけど、その代わりスタートは1列前になった。
最初のコーナーはやっぱりどん詰まりになったけど、スルスルっと前に出られて重馬場へコースイン。
選手とぶつかりながらも自分のラインを守るべく絶対に引かない。
フライオーバーの下りはお尻を浮かせて前上がりに気をつけよう。
スタートループではかなり貯金を作ることができたので、後は「タレ」をどこまでガマンできるか…。

141130h.jpg

リアル1周目からは想定どおり抜かれっぱなしになったけどコレは仕方ない。
それでも泥に関しては周りの選手よりも乗れている実感があった。
ピットエリアとキャンプサイト脇だけはタイムを稼ぐことができている。
と、調子に乗っていたらキャンプサイト脇でぬかるみに隠れていた大穴に突っ込んでしまって危うくダイブするところだった…。
シケイン~ゴール間のランが辛すぎる。

141130i.jpg

昨日より1周多い3周目に入ることができた。
タレてきた選手もちらほら出てきてほんの数人だけど抜けるようになってきた。
ピットエリアに向かう泥セクションはようやく全乗りでクリア。
これが今日のハイライト。

141130g.jpg

で、シケインを超えたところでトップがやってきてオシマイ。


65位/76人(DNF4)と昨日よりはちょっとだけマシだった。
なんにせよ、ボクのような底辺カテ1選手でも2日間UCI ERITEレースを走ることができたのは良い思い出。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する