CSCクラシック / 静岡県日本サイクルスポーツセンター

天気:晴れ
コースコンディション:ドライ
タイヤ:F:FAST TRAK / R:RENEGADE (F1.2/R1.0)


4時半過ぎに家出して7時ちょいにCSCに到着。
修善寺に行くのにいつもどのルートで行くか迷うんだけど、今日は箱根新道を使ってみた。
どうやらこのルートが最短らしい。


準備ができたところでサトシンさんと試走へ。
この時期の修善寺はまだ寒い&先日の雨もあって路面は霜柱が立っていてややスリッピー。
コースはXC選手が監修していることもあってバランスのとれた面白い。
舗装路登り&全日本選手権と同じ長いジープロード登りのある「あっている」コースだ。

プレ開幕戦ともいえる今日のレース。
エリートはJ2よりメンツが揃っていて今期を計るのにふさわしいレースになった。


スタートで遅れることなく登りのピークまで中団で進み、ヨシ君、アゼチ選手、サマタ選手の4人パックを形成。
けっこうなぜーはー具合だったけどタレること進行。
まずはこのパックから脱落しないことを心掛けた。

2~3周目もこのパックのままでレースは進行。
登り(特に舗装路)ではボクに分があったけど、さすがにこのメンツはなかなか落ちてくれない。
いつものように登りで稼いで下りで蓋をするだけじゃ限界があるか。
後ろのヨシ君には「登りで稼いでいるのを全部吐き出している」と言われる、ハイその通りです…。
3周目の後半ジープロード登りでサマタ選手がパックから脱落。
パックもビミョーに間隔ができてしまった。

4周目。
振り返ればここがターニングポイントだった。
本コースに出てから登りのピークに至るまでにヨシ君が一人抜け出した。
アゼチ選手が離れてボクはそこからさらに遅れていた。
こういう勝負勘っていうのにやっぱり差が出る。

5周目の前半にアゼチ選手とソノベ選手を捉えて差をつけたものの、メイン会場へのST下りからの登り返しでチェーン落ちをやらかして再逆転を許してしまった。
すぐにアゼチ選手は抜き返すことができたけど、ソノベ選手には最後まで行かれてしまってゴール。

20140322a.jpg


14位と上出来と言って良いレースだったけど、ちょっともったいないレースだったなぁ。
あー、登りでヨシ君に離されてしまったのが口惜しい(苦笑)。
とりあえず去年レベルで走れる目途は付いた。

自分の持ち味である登り性能で勝負するスタイルは変えられないけど、先に進むには平地と下りのスピードアップが必要不可欠。
平地よりは下りのほうが伸びしろはあるので1周で3秒稼げるようにはなろう。

--

午後の3時間エンデューロにはサトシンさん+館長という大人気ないメンバーで。
終始他チームからは後ろ指を指されていたけど、それはそれ、これはこれ(ヲイ)。
4周-3周のローテーションで無事(?)優勝できました。

午前にXCOエリート、午後にエンデューロと1日楽しむことができた。
開催スタッフの皆さまありがとうございました。
いや、ホントはっしーリスペクト。


帰る頃には東名が30kmの大渋滞となっていたので「丸天」で夕食を食べてから帰ろうということに。

20140324104726194.jpg

海鮮かき揚げ丼 ごはん大盛り

あなご天ぷら定食を食べるつもりが酉子嬢にそそのかされて。
量は許容範囲なんだけどアゴが疲れて大変だった。
咀嚼力>味に飽きる>量って感じのハードル。

夕食を食べている間にも渋滞は一向に解消されていなくてげんなり…。
家には帰らずそのまま館林行き。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する