昨日の午後から取り掛かっていた大手生命保険会社のイメージを勤める女優さんの大整形手術(=画像修正)がやっと終わった。
小じわやシミが増えてて年々劣化してるんだよな…(ボソ

添付していた見本なんてもはやCGじゃんってレベルだったし。
いや、ホントこの手の作業はやりたくねーわ。
化粧品がらみと複雑な切抜きは大嫌い。
昨晩、ジョジョを見たせいか、見てた夢もジョジョだった(笑)。
作画はイマイチ(というか超絶不安定)でもやはり名作、秋の新番のなかではトップ3に入る面白さ。

おかげで眠りが浅かったので朝からちょっと頭痛で一日中スッキリしなかった。
泥レースの後は後片付けが大変。
レガシィとメリ子のメンテで午前中いっぱい掛かってしまった。
チェーンとBBがご臨終、ゴリゴリ感のあったヘッドパーツもベアリング交換だなぁ。

忘れていたGPミストラルのエントリー費を振り込んで、これまた忘れていたちちフェスCXのエントリーを済ませた。
11月はシクロクロスが3連チャンだ。


>SAO
囚われのアスナさん。
そんでもって妹ちゃん報われないフラグも立った…のか?
Japan Series XCO#7 白馬スノーハープ/長野県白馬村

天気:雨のち曇り
コースコンディション:マッド
タイヤ:前ROCKET RON / 後FAST TRACK(F1.2/R1.2)

やっぱり朝から雨…。
雨も降っているし、エキパのスタートが11時40分、スポーツも10時過ぎといつもより遅いタイムテーブルなので朝食後も宿でのんびりと。

スマイルプリキュアを見ることができた(ヲイ)。
いや、まさかレース日にリアルタイムでプリキュアを見ることができるとは。
外は寒いので部屋の中でオイルを塗ってアンダーも冬用の厚手を着て寒さ対策はバッチリ。

泥の感じはまとわり付く感じではなかったのでタイヤは昨日のまま。
最終戦にしてようやく最前列からスタート。
一踏み目で右ペダルが外れた…。
幸い、キャッチに手間取らなかったのでペースを上げて追いかけたら、スルスルっと先頭に迫ることができて登りピーク手前で2番手、この日最大瞬間風速を計測。
下りでポジションを下げつつも10位前後で走ってたのかな?
STはまだ乗ることができたけど、一度転倒した時にボトルが外れかけていたようで舗装路で落としてしまった。
おまけにおなかが空いてきた感が…どうやら軽量化し過ぎたようだ。

2周目はスタート直後のツケが出てきてペースが上がらずじわじわと後退。
後半のSTは一気にコンディションが悪化して入口で転倒。
その後も乗ったり降りたりだったので次からは最初から押していくことにした。
終始ヤブキ選手と前後しながらの展開。

3周目はあまり覚えてないな。
後半のSTでようやくライバル指定選手のヨシモトさんに追いつくことができたんだ。
やっぱりSTは押したほうが速い!
グラウンドに戻ってくるところでパックから抜け出すことに成功。

4周目。
ヨシモトさんとはお互いに意識しまくりでどうやって引き離すことしか考えてなかった。
おかげで中盤のST手前では無駄にダンシングしていたり。
んがー、これが響いて続く登りで失速。
STは押しで1、2人抜いたけど、グラウンドまでに追いつかれた(苦笑)。

5周目はフィード後の登りでヨシモトさんに置いていかれてST手前で1人抜かれたのか。
で、STの押しで抜き返したんだった。
この間にも何人か抜いていたけど順位はわからなかったので10位前後と思ってた。

最終周回。
ヨシモトさんは遠くに行ってしまった(違)。
ちょっと追いつけそうに無い。
後続との差はペースを落とせるほどでも無かったので順位キープを優先。
差を詰められていたけど、前の周回でSTの押しでは分があったので大丈夫だろうとは思っていた。
結果、前後離れてのゴール。


8位と思いのほか順位が上がってた。
しかし、競り合っていたヨシモトさんはそこからさらに順位を上げて4位フィニッシュ…。
くっそー、5周目に付いて行ければなぁ。
レース内容はイマイチだったけど、シングルでシーズン終了を迎えることができたので良しとします。

今シーズンは冬に風邪やら怪我やらで練習不足のまま序盤は出遅れた。
7月の富士見は失敗したけど、夏場からはシングルでフィニッシュ。
来期のエリート復帰という目標はクリア。

エリート定着目指して頑張ろう。
クニイせんしゅとゲンさんの3人で白馬へ。

クニイせんしゅは前回の一里野で優勝してエリート。
ゲンさんもエリート。
ん?
ということは、今回の遠征は二人の付き人じゃないか(ヲイ)。

午前中の試走はできないので昼過ぎ到着予定で出発はゆっくり目。
関越道がそこそこの渋滞だったので、下道で回避しつつ東松山ICから関越道に入って会場には12時半過ぎに到着。
さ、寒い…。
白馬といえば暑さにやられないように気を付けていたのに今回は真逆だ。

受付を済ませてお昼を食べて試走の準備をと思ったら、クニイせんしゅのホイールのビードが上がらない…。
組み合わせはホイールがCROSSMAX SLR、タイヤはX-KING RS。
シーラントを足したり換えたり、バルブを換えたり、ポンプを換えたりとあらゆる手段を講じてみたけどダメだった。
3時近くなってしまったのであきらめてボクのROCKET RONを貸してコースへ。

先に試走していた人の話によるとかなりパワーコースということだったけどそのとおりだった。
テクニカルなのはジープロードのコーナーリングと後半のSTくらいかな。
で、そのジープロードだけど、前後レネゲードでは滑っておっかなかったので予備ホイールのRACE KINGで走ってみたけど、こっちのほうが好印象。
明日は雨予報だったけど、マッドタイヤまでは不要だろうということで前ROCKET RON、後FAST TRACKで行くことに決めた。

宿はいつものはちいち荘。
料理も例年通り、秋ということでキノコ率が高くてウマー。
今朝は特殊能力が発動…な、何故???

うーん、日曜日の傘マークが取れません。
すまん、自覚はしている。

あ、フラグだったのか(ヲイ)!


>厨二病
モリサマーwwwwwこれは黒歴史(笑)。
そしてバトルシーン(注:イメージ映像)は相変わらず無駄に力入ってるし。
それにしても部員5人のうち現役厨二病が二人、元厨二病が二人。
先輩は昼寝らーとか、とんでもない部活だな。
先生、こんな部活に許可出すなよ。
CX富士山のラップデータ。

#1 7:05 / 94%
#2 7:08 / 94%
#3 7:26 / 94%
#4 7:19 / 94%
#5 7:07 / 94%
#6 7:12 / 95%

これだよ。
これを強制的にやる為にシクロクロスに参戦したんだ。
練習じゃ絶対に投げ出してる、やっても2本。
さらにバイクを操る技術も付いてくればモアベター。

体感的にもっともキツかった3周目がやっぱり落ちてる。
ここの落ちっぷりをなんとかすれば上位に食い込める余地がある。
コルナゴの嫁ぎ先が無事決まった。

「ありがとう、そしてありがとう」

両者の思惑が一致してヨカッタヨカッタ。
というか、タゲがピンポイントだったなぁ(笑)。
これで今シーズン活躍してくれることでしょう。
信州クロス #1富士山 / 静岡県富士宮市 朝霧高原ふもとっぱら

天気:晴れ
コースコンディション:ドライ
タイヤ:F:Primus 34 / R:Primus 34 (F1.7/R1.7)

前回の吉見では29erでのシクロクロス参戦だったので、今日が本当の意味でのシクロクロスデビュー。

平坦基調のシクロクロス会場だけど、中でもド平坦と聞くふもとっぱらの会場は本当にド平坦だった。
ひたすら踏んで踏んで踏みまくるコース。
後半にある直線路が唯一登り基調、といっても見た目の高低差は皆無に等しい。

121021.jpg

会場は名前のとおり富士山の麓に広がる野っぱら。

それにしても名簿を見てもJシリーズに参戦してる選手以外はまったくわからないね。
ロード系なのかクロス職人なのか誰が速いのか。

シクロクロスはスタートが肝。
んがー、前走者が出遅れてスタートダッシュは失敗…。
シケインでごちゃついてたところで5位パックに加わって1周目は7位で通過。
すでにトップは遥か彼方、ちょっと抜けている選手っぽい。

2周目からは飛ばしすぎた「おつり」でタレまくり、ヨシアキさんと2人で先行してるパックの追走してたけど、3周目は後半まで前に出ることができず。
4周目にようやく落ち着きを取り戻してたしかピット付近でヨシアキさんをパスして先行パックにドッキング。

5周目はパックの後ろでどこで仕掛けるか後ろで伺っていたんだけど、そこから2人になった6周目シケインでイン側を突いたらそのまま前に出てしまったので脚色を伺いつつ逃げ切ってゴール。


9位に撃沈、C1昇格ならず。
初CX車&ド平坦ふみふみコースでの9位はまあまあかなとも思うけど、目標は2位以内=C1昇格だったわけで。
トップ2人はちょっと抜けていたけど、それ以外の頭は取らないとダメだ。
それでもC1ではすぐ脚切りになる、エリートと変わらないね。
それにしてもスピード無えなぁ…。
ま、そこを強化するためのシクロクロス参戦なんだけどね。
幕張で独り寂しくクロス練。
CX車でオフロード走行無しでC2に出るのはさすがにまずい。
順位うんぬんというより突っ込んだりコースアウトして他選手に迷惑かけちゃう。

121020.jpg

コースについたらタイミングよく草刈り作業の真っ最中でフラットになってた♪
とりあえず流してみたけど、こりゃダメだ(ヲイ)。
自分の下手さ加減がよく分かった。
周回を重ねるうちに慣れてきたけどやっぱり流れる感覚が怖いね。

周回の合間に乗り降りの練習や2ステップで再乗車といったことをやって、最後にシケイン越えのイメトレを何度かやってたんだけど、左ペダルが外れなくてコケた…。
膝やらすねやらいろいろぶつけて悶絶。

幕張の芝生でコケるのは自分だけに違いない。
やっぱりKAZUは日本代表ユニフォームが似合うな。
サッカーとフットサルの違いはあれどワールドカップ出場には違いないのだから、出番の有る無しに関わらず頑張ってほしい。


明日は幕張でクロス練。
さすがにCX車でオフロード未走行のままC2を走るわけにはいかん。
順位うんぬんではなく他選手に迷惑かけちゃう。

今週末の信州クロス富士山、吉見#3、野辺山のいずれかで昇格すれば全日本選手権に出れるじゃんって事に気付いた。
よしっ、C1上がって全日本に出るぞ。

あ、野辺山前に昇格した場合は国際ライセンスが必要になるのか。
(野辺山C1はUCIレースになるので国際ライセンスが必要)
それはそれで金銭的にキビシイ…。
くっ…上がったら1万円寄付してやるっ。
アイビスたんはカッコかわいい(挨拶)

昨日・一昨日とCX車でジテツウしてポジション出し。
ハンドル高はジャイ子より約15mmプラス、サドル先端~ステムクランプ中心は10mm近くなった。
ダブルタップも慣れてくるとなかなか良いじゃないかと思うようになってきた。
ちゃんと調整されていればローギアから一段押し込んでもシフトアップはしません。
ジャイ子もSRAM化したくなってきたり(えー)。

今日は夕方から降るというから安全策でジテツウせず。
予報的中で勝ち?


ランキングが8位から10位に後退したのは想定内。
白馬でJ2緑山のポイントを上書きして気持ちよくシーズン終了を迎えたいものです。
CX車全容。

121015a.jpg

ibis Hakkalügi

お店に長年寝かせてあったものをお買い上げ。
フレーム単体売りなのでフォークはEC90Xにした。

121015b.jpg

「Hakkalügi」の読みは「ハカラギ」でおk?

121015c.jpg

コンポはSRAM Rivalメイン。
ロード:シマノ
通勤号:シマニョーロ
CX車:スラム
いやはや、とんでもないことになった(苦笑)。

121015d.jpg

定番(?)のTRP。
付属のカーボン用シューは効かないです。

121015e.jpg

クランクはKCNC、ヒルクライム用に用意していたのが役に立った。
44×34Tの貧脚ギア。

この状態で7.39kg、CX車ではたぶん最軽量の部類。
C1昇格目指してがんばるお(`・ω・´)
MTBで手賀沼4周、これやるのひさしぶりだなぁ。
白馬に向けてもう一度集中して練習する。

#1 20:46 / 85%
#2 20:49 / 86%
#3 20:39 / 88%
#4 20:23 / 89%

これだけやれるということはそんなに調子は悪くないということか。


帰ってきてひと休みしたところでエキパの模様をチェック。
うぉーっ!クニイ選手優勝かよっ!!
優勝する実力があってそれを有言実行するとは。
練習仲間でライバル指定選手の活躍には熱くならざるを得ない。

一方でとてつもない敗北感もあったり…。
くそっ負けてられねぇ。

そんなことを思いながらプリキュア見てたんだけどな(ヲイ)。
またしても神回とかスタッフには敬服します。

>SAO
新章はじまた。
アスナさんはまだ覚醒せず…。
アスナさんをテラコヤスの魔の手から救うのだっ(ビシッ。
今週末は石川大会があるけど、どうしても外せない用事があったので不参加。
ま、ランキング的に行く必要は無いしね。

昨日は送別会で大食いしてきたので根性で5時半家出で2時間ぐるぐる走ってきた。
朝食抜き&帰ってきてからのプロテインだけで昼まで持った。
つまりそれだけ食べていたと(えー)。



納車~ヾ(*´∀`*)ノ
この特徴的なアウター受けでわかる人にはわかる。
さて、どこのメーカーでしょう?
今朝のジテツウ時に何度か左ハムがズキっとなった。
「ズキュウウゥン」ではない(ヲイ)。

2月に肉離れをおこして以来、未だに違和感が残っているんだけど、今日みたいなのはあまり覚えが無いなぁ。
マイティデューロの疲れがまだ残っているのかな。
週末はMTBで積み上げたかったけど無理はしないでおこう。


夜は一人メシだったので大黒屋本舗@平井へ。

121011.jpg

大黒麺大盛り

会社脱出前に肉まんを食べちゃったからヤサイマシは自重した。
大人になったでしょ(笑)。
今となっては不用になったブツが届いた。
んがー、実物を見ると思っていたよりはカッコイイから困る(苦笑)。
に、2台体勢のフラグが立ったか!?

さて、届いて早々だけど手放す準備を始めるか。
2013 Colnago Prestage size50
半額でいいよ、欲しい人いる?
クニイ選手が幕張でシクロクロス練やるよというので顔だけ出しに。
いや、昨日の今日でまともに走れるわけがない。

121008.jpg

今日がオフロードデビューというE1レーサーのテッペイ選手。
最初こそオフロード慣れしてないなぁというのが見て取れたけど、ものの数分のうちに見違えるようになった。
さすがというかなんというか、速い人は上達するのも早い。

1周だけCX車を借りて走ったけど、腰が痛くて前傾姿勢ができなかった。
なもんで、居ても役立たずなのでお先に失礼。


>SAO
ラスボス=茅場ということが判明、そんでもってゲーム攻略。
キリト△はリアル(現実世界)の病室で覚醒。
あ、アスナさんは?
アスナさんも生きているよね?(´;ω;`)

次回から新章なのか。

今日のうちに撮り溜めた新番を消化しようと思ったけど全部は無理だった。
3時半家出でマイティデューロ@松原湖へ。

24時間耐久レースの草分けマイティデューロにはたしか97、98年に出たことがある(8時間と12時間クラスだったかな)。
今年は20周年記念大会ということで7時間クラスがあったので走りこみにちょうどいいかなぁと。

コースは林間のキャンプ場とマレットゴルフ場周辺をつなぎ合わせた約4.5kmの平坦基調。
MTBを楽しんでもらうというレースの趣旨からも難易度は低めだけど、ほぼSTメインなので十分楽しめる。
朝方まで雨が降っていたので路面はウェットで10時にレーススタート。


で、レース内容は割愛(ヲイ)。
いや、あまりにも長かったし。
今日のテーマは周回あたりavg80~85%で走り続けること。
走りながら補給食を摂ることが認められていなかったので、2時間毎にピットで10分程休憩を挟んで走り続けた。
ラップタイムは前半20分台、後半21分台といった感じだった。

で、17時に7時間クラスが終了。

順位は…お察しください(えー)。
この時点でキッタ選手のいるワークスチームに次いで総合2位、やりすぎた感は否定しない。
練習ということでは満足のいく内容だったけど、レースを楽しめたかというと疑問符が。
このレースはキャンプをしながら仲間とワイワイやるべきだよね。
メインのナイトレースを走れなかったというのももったいない。
真っ暗闇をライトのみで走るのがこれまた楽しいんですよ。