散々迷った挙句、木島平もエントリーしたった。

緑山 :14位(38pt)
朽木 :35位(41pt)
八幡浜:14位(80pt)

で、159pt獲得。

コンディションが戻ってきたので、木島平、ニセコ、7月富士見の計3戦でも同程度のポイント(+α)獲得は見込めるでしょう。
去年のラインが329ptだったので、このあたりはクリアしたいところです。
眠い・ダルい・ちょい頭痛でジテツウする元気が無かった。
なもんで、「夕方~19時に大雨降れ」と念じてみたけど叶わず。
いや、この時間帯に降ればジテツウしなかった理由を正当化できたじゃない(ヲイ)。

21時頃から雷雨、遅いよ。
レース明けの有休奪取に失敗。
こんな日に全作業を1人でこなさくちゃならんとかどうかしてる。
今日は先週末の未消化アニメをやっつけるだけで力尽きた(ヲイ)。


>Fate/Zero
「おじさんの不幸で酒が美味い」
今週もブッチーやりやがった、雁夜おじさんカワイソス。

本当にありがとうございます。
Japan Series XCO#2 市民スポーツパーク/愛媛県八幡浜市
天候:晴れ
コースコンディション:ドライ
タイヤ:Renegade1.95(F1.2/R1.0)


うん、今年もちゃんと寝れた(えー)。
朝食は昨夜買出ししたものを部屋で食べて8時半に会場入り。

それにしても暑い。
週間予報では曇りやら雨やらだったけどそんな気配は微塵も無い。
できるだけ待機時間は日陰で過ごすように心掛けていた。
朽木でほとんどアップが出来ない状態で走って、いつもみたいに入念にアップしなくてもいいんじゃね?って気になったので、今回も10分ほどの短時間で済ます。
いや、気付いたら10時を過ぎていた&スタート時間を間違えていたというのが真相なんだけど。


3列目の真ん中からスタート。
地脚のある選手のラインにいたのでスムーズに流れに乗って好ポジションをキープしたままSTへ。
先頭はもう見えないけど、大きく離れることもなくグラウンドへ。
鬼門はクリアした(苦笑)。
息が上がっていたので直後に後退したけどフィード前で差し返して簡易舗装の登りへ。
登り口で5人くらい抜かれたけど気にしない、大半が上まで持つ筈がないんだから。
ってことで、再度頂上までに抜き返して下りを無難にこなして2周目へ。

120527.jpg

併走してきたマツヲ選手がしぶとい、なかなか離れてくれない(苦笑)。
とはいえ、簡易舗装の登りで無駄にダンシングしてくれたのでやっと離れてくれた。
1周目と同様、後ろから抜いていった元気な選手は半分しか持たないね。
前に1人、後ろに2人か、大勢は決まりかけてきたかな。

3周目、ゲンさんから16位と教えてもらう。
前はヤマダ選手、後ろはProRideの若い子か。
それにしても本当に暑い。
特に前半のSTと簡易舗装路がヤヴァい。
2周で1本のボトルだったけど、足りなくなりそうだった。
ヤマダ選手を登りでパス、ProRideの子は下りでしっかり付いてくるな。
自分が遅いのか…。

最終周回。
グラウンドで一度後ろに下がってから直後の登りで一気に突き放す。
STへ入る時までに20秒くらい稼いだと思う。
んがー、グラウンドで追いつかれた(ヲイ)。
仕方ない、仕切り直しだ。

これまでと同様、簡易舗装路の登りを半分過ぎたところでペースアップ。
よしっ、離れたぞ。
すると前から1人降ってきた、ここまでランキング1位のサマタ選手だ。
一息入れたかったけど追いつかれるのが嫌なのでそのまま抜き去った、と思ったら差し返された…。
死んだ振りにまんまとやられた。
これがけっこうダメージ大きかった。
なかなかペースが上げられず、ゴジラでProRideに追いつかれてしまった。
まだ前にいるから有利なはずだったけど、フィード裏へ戻ってくる最後の上り返しで脚が攣った…。
ここで踏ん張りきれず終了。


15位。
レース前のノルマ20位以内はクリア、できれば10位台前半と思っていたからOKだ。
可もなく不可もなく、至って実力どおりといったところか。
うん、やっと戻ってきた。
いや、ProRideの子に差されたのは余計だったし、旨く走ればサマタ選手も抜けたから詰めが甘いか。
とはいえ、今後を考えるとポイント配分の多い「J」で10位台は大きいな。

ラップタイムは、

#1 19:59
#2 20:37
#3 20:38
#4 20:36

驚異的な安定感だ(笑)。
八幡浜へ。

去年は1周目序盤にチェーンを巻き込んでさらにフレームも割れたりと何もしないまま終わってしまった。
今年は最低でも走り切るぞ。

120526a.jpg

今年はバスで機体に横付けしての搭乗でした。

例年どおりノースツアー(キャラバン+デミオの2台体制になったけど)で八幡浜入り。
空港からは下道でのんびりと。

120526b.jpg

お昼も去年と同じ道の駅で鯛めしと南蛮漬け。
早く会場に着いても試走は14時からだから高速使わなくてもいいよね。

事前情報ではコースに変更なし、路面もドライだという。
前後レネゲードのまま軽く2周、ゴジラは無問題、登りきったところと下った先のクランクコーナーの根っこに手こずるのもいつもどおりか。
一旦戻って前をファストトラックに交換して桜坂からコースイン。
おっ!こっちのほうが安定して下れるな。
前ファストトラック/後レネゲードで決まりだ。
今はこの組み合わせが29乗りのファーストチョイスだよね。


夜は定食屋を探すもめんどくさくなって(ヲイ)、2年前に食べたイーグルでちゃんぽん。

120526c.jpg

ちゃんぽん+カツ丼とこれまた同じ組み合わせ。
どうやら食べる楽しみが少ないという点が八幡浜遠征の欠点と言えそうです。
「声優のブロマイドのサンプル出力してくれない?」
なんて仕事が舞い込んできた。

キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ

イイヨイイヨーなんでもやっちゃうよー♪

えーっと…この人ダレ?
若い子なんて毎クール出てくるからなぁ。
声豚5軍では分かりませんでした。
会社を脱出後、四谷三丁目へ。
いろいろガタがきていたのでやまだンな先生に診てもらうことに。
ちなみに今春から(仮)が取れてやまだンな先生にレベルアップしています(ヲイ)。

問診後に施術開始。
まずは首筋の上のほうにぶすっと。
続いて肩、背中、腰へとぶすぶすっと何本も容赦なく刺してます。
上半身が終わったら脚部へぶすっと。
右膝裏には未だに痛みがあるのでお灸も追加。
ひと通りやっつけてもらってオシマイとなるところだったけど、腰横から太腿にかけての張りもあるからとぶすっと。
こっちは電気パルスもかけてビクンビクンと。
トータルで何十本の鍼を刺したんだろう(笑)。

ってな感じなことを二人同時に施術してもらいました。
あっち診てこっち診てってホント器用だなぁ。


効果のほどは…違いの分からない男でスミマセン。
八幡浜でシングル取れたら効果はバッチリだったということで(ヲイ)。
いや、肩回りは軽くなった、かな?
ありがとうございました!
遠征の準備始めたった。

使い慣れた輪行袋と違って箱は時間掛かるなぁ。
それにしても、もらってきた子供用自転車の箱の大きさはジャストサイズだ。
ひと通り詰めてみて重さを量ったら17kgって…あれ?
中身は今までと変わらないのに何でこんなに重いんだと考えたら箱本体が重いのか。
んんー、こりゃ預ける手荷物+箱で20kgを上回っちゃうな。

仕方ない、メッセンジャーバッグも持っていって荷物分散するか。
それでもキビシイかな。
あ、重くなるけど空気入れは持って行きます。 >同行者
今日は朝からあっちこっちで金環日食の話題でもちきり。
もちろんウチものってます(笑)。

6時半の時点で晴れ。
部分日食の始まりも確認したし、ピークまであと1時間、これはバッチリ観れるだろうと思ったのも束の間、あれよあれよと雲の塊が。
あれ、雲行きあやしくね?7時過ぎになると完全に覆われてしまった。
金環日食となる7時31分、依然として雲に覆われていたのでもうダメぽとあきらめたけど、直後うっすらと見えた!?

金環日食キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

いや、ホント奇跡的というかなんというか。
却って薄雲が掛かってくれたおかげで肉眼でバッチリ見ることができた。
約5分間楽しむことができました。

そしてダッシュで家出(ヲイ)。
最終調整は筑波でゲンさんとインターバル練。
去年もやったA峠から尾根道入り口の電波塔までの舗装路登りで。
全開で約4分、八幡浜の中盤の登りもこのくらい。
あくまでレースを想定した練習をする。

#1 3:59 / 88% / 94%
#2 4:01 / 89% / 95%
#3 4:02 / 89% / 95%
#4 4:04 / 90% / 94%

お、おえっぷ…最高にキツイ。
セット間のインターバルを4分-5分-5分30秒と伸ばしてなかったらタイムをまとめられなかったな。
終わったところで館長・ノースと合流して尾根道を往復して終了。

この週末は中身のある練習が出来てよかったな。
今週も懲りずにMTBで手賀沼周回。

#1 21:00 / 87%
#2 20:46 / 91%
#3 21:13 / 90%
#4 20:21 / 92%

先週より2分以上も速ぇじゃん、オレ様TSUEEEEE!!(ヲイ)
むぅ、走っている時は実感無かったけど風が良かったみたいだな。
そうじゃなきゃ単独MTBで20分台とかありえん。

八幡浜のコースはボクの脚で1周21~22分程度。
エキパの基準レースタイムは70~80分になっているのでおそらく4周だろう。
平地とXCコースの違いはあれど、ここで4周回をきっちりレースペースで走りきったことに意味がある、と思いたい。


木曜日の夜に近所で火事があったんだけどまとめられてた
レンジの庫内はこまめに掃除しておきましょう。
いや、ホントスゲーわ。

120517.jpg

JoeBlow Mountain

先日のJ1朽木(くつき)で、マッドタイヤに交換するのに朽木くん(くちきくん)からこれ借りたんだけど。
「シュゴオォォォォォォーーー」って感じで空気が送り込まれて一発でビードが上がった。
もうね、今までの苦労はなんだったんだというレベル。
バルブコア外してなんてこともしなくていい。

今回は使用済みのタイヤだったけど、シーラント液入れてなくても余裕でビードが上がった。
(一晩経ったら多少エア抜けするだろうけど)
もうタイヤ交換でゼーハーすることもシーラントをぶちまけることもないでしょう。

注意点は5気圧までしか入らないってこと。 >MTB用です
普段は従来のものを使って、タイヤ交換・遠征時にこれというのが吉。


これ注文したのって月曜日の夕方だったんだけど、今日の午後には届いてた(通常便)。
wiggleもあいかわらずスゲーわ(笑)。
しばらくジテツウしていない間にすっかり初夏の陽気になってたね。
もう半袖・素足でおk。


ランキング出てたけどJ2緑山とJ1朽木の2戦合計で27位となんともビミョーな順位だった。
ま、ランキングを気にする時期じゃないな。
この後のJ1×5戦を20位平均で走れば330ptを上回るから再昇格、と皮算用しておく。
FBの垢を作ったけどはてさて。

こういったコミュニケーションツールをみんなよく使いこなすよなぁ、と思ってみたり。
ブログだけで精一杯だよ。
ま、ミクソは過疎っているからそうでもないか?

ちなみにFBはfacebookの略じゃないぞ。
シュタゲをやった後、FBといったらもちろん「Mr.ブラウン」のことです(ヲイ)。


auの夏モデルに絶望した。
T007買っておいて良かったわ。
ま、そのうちスマホにならざるを得なくなるんだろうけどね。
ジテツウできるレベルにまで回復。


スマイルプリキュアでもプリキュア伝統の美人ママは健在。

みゆき>やよい>れいか>あかね>なお

なおは大家族ゆえにママンは(ry
MTBで手賀沼周回練、やっと乗れるようになったよ。

#1 23:29 / 83%
#2 23:17 / 87%
#3 23:22 / 90%

まだ咳き込むとダメだわ…。
心拍avgを見るに前回比-20~25秒ってところかな?
今まで使ってたZTR355ホイールは軽量の部類だけど、Roval使った後では重く感じるわ。

>Fate/Zero
ブッチー(虚淵玄)節が炸裂www
いや、( ;∀;)イイハナシダナーとなった時点で死亡フラグが立っていたんだけど、やっぱりだった。

何気にワールドカップXCOって見るのが初めてだったり(4/6周回からだったけど)。
やってることは同じでも違う世界。
だけど機材はトップ選手と同じだったり(えー)。
良化の気配無く停滞中。
喉の痛みと咳は軽くなったけど、今度は引っかかるような鼻みずが…。

月曜日にやれなかったメリ子のメンテを。
泥レース一発で傷だらけだわ。
PSPシュタインズゲートもクライマックスに向かってフルスロットル!!

紅莉栖エンドはどうだったかというと、今やってるトゥルーエンドの一部だからこれだけを目指してやらなくてもいいんじゃね?って感じだった。
これだけだとバッドエンドだよなぁ…。


あいかわらずの風邪っぴきです。
もう10日も経っているのになかなか治らない=経年劣化。
明日は館林行き、日曜日は手賀沼MTBかな?

>トゥルーエンド攻略
15年後のオカリンキタ━(゚∀゚)━!
「最初のお前を騙せ。世界を、騙せ。」
うおぉぉぉぉおぉーーーー!!!
萌える燃えるぜぇ超燃えるぜぇ!!

長かった「戦い」もついに決着。
もうね、最後は涙腺が。・゚・(ノД`)・゚・。

アニメから入っているので追っかけになるんだけど評判どおり面白かった。
こうしてゲームをやるとアニメが出色の出来だったことがよく分かる。

「エル・プサイ・コングルゥ」
絶賛風邪っ引き中(´。`)
Japan Series XCO#1 朽木山スキー場/滋賀県高島町

天候:曇り時々雨
コースコンディション:ドライとウェット~マッド半々
タイヤ:JONES MAD-X(F1.0/R1.0)


それなりに寝ていた感じはあるけど喉の痛みが酷い、咳き込む。
熱は36.7度、ギリギリアウトか…。
食欲があるのと、頭痛はほぼ収まっているのが救いか。
あとは薬が効いてくれることに期待しよう。

天気予報どおり、朝から雨が降ったり止んだりとタイヤ選択に悩む。
登りでのグリップ重視からRENEGADE→Rocket Ronにしたけど、今朝の雨でさらにマッドタイヤにすることを決断。
直登のコンディションを見てきたけど、ライン上はかなり滑りやすくなっていたし。
それと、とにかく具合が悪いのでアップはほとんどしなかった(えー)。
会場前の坂で85%程度で4、5本走ったくらい。

スタートは5列目からだったかな?
そんでもって周回数が4→3周に変更のお知らせにみんな歓声(笑)。
スタート直後に右側で落車があったけど、肘を張ってポジションを譲らない。
ところが最初の掛け上がりで前の選手が乗り越えられずまさかの押し…。
これをきっかけにずるずるとポジションも後退したけどここでの遅れは想定内。
最難関のゲレンデ直登へ。
グリップはするけど息が上がっている&路面の重さに完敗して1/3あたりで押しになった。
続くSTへの登りも押しを強いられてもうアップアップ…。

120506a.jpg

2周目に入って50位とかカウントされていた。
消却予定のJ2緑山の獲得ポイントがJ1の38位相当だったのでこのままだと有効ポイントになってしまう。
や、やる気ががggggっが…(ヲイ)。
レース前から喉が痛くて咳き込んでいたのでぜーはーすると喉が張り付いて本当に苦しい…。

ゲレンデ直登は1周目同様、1/3あたりで押したけど、この周回はわずかにある平坦部分で再乗車。
おっ!イケルじゃん!!
頂上までに抜かれた人数+αを抜き返したかな。
マッドなSTもできるだけ乗ってクリアするよう心掛ける。
ここで何気にこのレースでタゲにしていたタケちゃんをパス。


3周目。
40位台前半に上がったようだ。
あいかわらず伸びが無いので緩い登りで何人かに抜かれるけどもう仕方ない。
ゲレンデ直登の再乗車でのごぼう抜きに賭ける。
狙い通りこれで10人近く抜いた!と思う。
STでもう1人、オフィシャルフィードへの登りでも1人抜いたかな?
ここまでくれば一気に順位を落とすことは無いだろう。
下りは慎重に、と思っていたら前走者2人が遅いのでパス。

シメシメと思っていたところ、最後のドロップオフの着地でサドルが真上に上がってしまった…。
残り少ないしこのまま後続から逃げ切れるかなと思ったけど、ゴール直前に追いつかれスプリントもかけられずゴール。

120506b.jpg


35位。
今日のコンディションじゃこれ以上はちょっと無理。
ゴール後は頭痛が酷くてマイッタ。
シーズン前の皮算用では30位だったけど5位マイナスでの有効ポイントになっちまった…。