けいおん!!、あずにゃんメインの神回だったとな(挨拶)。


日本負けちゃったね…。
正直、よくやったと思う。
システムを変更してチームを建て直したけど、攻撃面では限界だった。
隙のないパラグアイは崩せない。

それにしても選手交代は理解することができなかった…(含パラグアイ戦以外)。

この試合の中村憲、岡崎は理に適ってる。
憲剛投入してから流れを掴みかけてたし、阿部を下げて岡崎ってのも分かる。
だけど延長戦に入ってなんとしても1点が欲しいというところで何故に玉田なのか???
あの展開で得点の可能性を探るなら森本でしょ。


そういえば。
先週、はらドーナツなお店のところの「はらロール」を食べたっけ。

100625a.jpg

100625b.jpg

クリームに練乳が使われているのでけっこうミルキーだね。
ぢつわ練乳はあまり好きではない…。
ガワは米粉なのでもっちりです。
あっというまに食っちまった(笑)。

>あっさりめな「青巻」ってのもあるのか。

100625c.jpg

リスかわいいよリス。
さぁ、パラグアイ戦だ。
例によってマスコミは楽観ムードを漂わせているけどパラグアイは強ぇぜ。
ベスト8に進んで日本サッカー界に歴史を残せることができるか。

今夜のパラグアイ戦にはもう一つ重要なことが絡んでいるんだけど、残念ながらほとんど知られていない。
それはパラグアイ戦後に「けいおん!!」が予定どおり放送されるかということだ(ヲイ)。
いや、こっちの住人にとっては本当に死活問題なんだ…。
ドイツVSイングランド。
まさかのフルボッコに全オレが泣いた… _| ̄|○

疑惑のノーゴール。
完全にラインを割っているのにノーゴールはねーよ…。
ウルグアイ審判団はフーリガンに背後を狙われないように気をつけるんだな。

とはいえ、「ドイツTSUEEEEEE!!!」ってことにはかわりないけどさ。
2得点したからというんじゃないけど13番がスゴイ(売り出し中の8番より目に付いた)。


カムイが7位フィニッシュ!@ヨーロッパGP
最終コーナーでぶちかますとは。
「さすがカムイ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!」(AA略)


さすがに深夜のサッカー→F1はキツイ。
ということで、ジテツウはナシでした。
あー、どんどん弱くなっていく…。
筑波ロード練の予定だったけど、朝5時起きで雨が降ってたり雨雲レーダーの様子がダメそうだったら中止。
で、5時に起きて雨が降っているのを確認したところで安心して二度寝。
再び8時に起きて朝食を食べて雨が止んだことを確認して三度寝…(ヲイ)。

いや、どうにも外に出る気力が起きなかったもんで…。


今週のハガレン。
グリード退場。
キンブリーといいグリードといい、憎めない悪役だったなぁ。
エドにフルボッコにされた【フラスコの中の小人】お父様【ホムンクルス】は消滅。
最期はあっけなかったな…。

そして、ホーエンハイムの長い旅路も終着駅にたどり着いた(泣)。


さぁ、イングランドの出番だ。
単独ロード練@手賀沼、たぶんメディオで4周。

いや、ちゃんとターゲット域で走れていたのかちょっと分からないなんだよね。
周回コースに入ってメディオにもっていってもなかなか心拍%が上がらなくてさ。
とりあえず80%で1周走ってみたところ、感覚的&タイム的にはどうもソリア域で走っていた模様。
なもんで、大体こんなもんかなという感じのところで走ってた。

今までGarminで表示がおかしくなったことって無いから、ただ単にお疲れモードだっただけかもしれない。
だとしたら今日のはサイクリングになっちゃうじゃん。
VSデンマーク。
日本、大勝利!!! (*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)
日本マジ日本。


前半が出色の出来、今の日本を考えるともうこれ以上は無いだろうという展開に。
後半はデンマークの焦りがもう見え見えで、負ける気がしなかった(悪くても引き分け)。
この試合に関しては岡田監督を持ち上げざるを得ない。
決勝トーナメント進出も果たしたし。
だけど、名監督かと言われると全否定するけどね。

これで目標としている「ベスト4(笑)」への挑戦権は手に入れた。
相手はパラグアイかぁ、何度か対戦したことある国だからある程度イメージは持ってると思う。
ここまでは専守防衛、ガチガチに守ってきた。
パラグアイ戦では中村(憲)や内田を使ってほしいなぁ。


イタリアよ、お前もか…。
まさかスペインに限ってねーよなwwww。

相手のチリはH組首位で引き分けでもOK。
ここまで南米勢は4/5が決勝トーナメント進出、チリも続く可能性大。
スペインと勝ち点で並ぶスイスは、予選敗退が決まっているホンジュラスと。
うわぁ不安材料いっぱいだ…。
イングランド危なかった。


来期はピレリ
TOYOタイヤの出番はまだぁ(笑)?


さてっと、デンマーク戦に備えて寝るとするか。
万が一、3時半に起きられなくても大丈夫なように追っかけ再生の準備をしておいた。
各局でワールドカップ関連の特番やってるけど。
どの番組もタレントを使ってバラエティ番組化しちゃってるのがなんとも。
とりあえずさんまはカンベンしてくれ。

世界のイケメン選手ランキングとか…需要があるのかどうなのか。
くだらねーなぁと思いつつも、やっぱり見たい人っているんだろうな。

まぁ、
「ナナチャーン!!」
「天使ちゃんマジ天使」
「澪はオレの嫁」
とか言ってるボクが言っても説得力はありませんが(ヲイ)。


フランス負けた。
本戦前から不調と言われてたけど、さすがにここまで酷いとは思わなかった。
3戦通していいところナシ。

日本もフランスも監督が(ry
ガマンしちゃう日本とキレちゃうフランス、これだけの違い。
もちろん休みだ。

朝イチでレガシィを洗ってから松戸方面へお昼を食べに行く。
行き先は「R・S(アールズ)」というハンバーガー屋さん。

100621a.jpg

100621b.jpg

千葉県にも美味しいハンバーガー屋さんはあるのかと調べていたら、ここが出てきた。
バンズにはかの有名な「Zopf」のパンを使っているという、これは期待せざるを得ない。

100621c.jpg

100621d.jpg

注文したのはオーソドックスにチーズバーガー。
あ、これはヤヴァイね(笑)、一口でうんまいと思った♪
どこがどう旨いのかもっと知りたければggrks(ヲイ)。
Zopfのパンで出来立てのハンバーガーが食べられるというだけで幸せじゃないか。

100621e.jpg

100621f.jpg

こちらはハンバーガー。

ランチタイムはハンバーガー+ポテトorサラダorスープ+ドリンクのセットで1000円ととてもお得。
今度はパティ2枚オンリーなキングズバーガーにしよう。

場所は小金原団地商店街の中。
お店はわんこ連れでもOKなのでKAZU家は行くしかないでしょ。


小金原といえばスリジェのケーキなんだけどあいにくの臨休…。
たしかこの辺には他にも何件かケーキ屋があったよなぁと探したところ、「エスプリ・ド・ルミエール」というお店が見つかった。

100621g.jpg

ベリーとショコラクリームのケーキ

100621h.jpg

モンブラン

100621i.jpg

レアチーズケーキ

突出して美味しいケーキというわけじゃないけど、飾らずに千葉県プライスで帰るというのがgood♪
J2 XCO 北信州木島平スキー場/長野県木島平村
天気:晴れ
コースコンディション:ドライ
タイヤ:コンチネンタルRACE KING (F1.2/R1.2)


現在の獲得ポイントは4戦合計で282pt。
昇格圏内の目安は320ptあたりだろうから、50pt獲得できる7位あたりを取ってここで確定の赤ランプを灯したいところだ。

例によってこのレースもユースな若い子2人で優勝争いっぽい…。
いや、実際問題、ユース筆頭の横山君は別格。
エリートに混じっても完走しちゃうんじゃないかってレベル。
コールは3番目、中央真ん中の左側をチョイス。
エキパ限定でいいので、一目を置かれる選手になりたいもんです(ヲイ)。

100620a.jpg


スタート後の平坦舗装路区間ではそこそこのポジションをキープできていればOKだ。
最初の登りで上げていき、3位でフィード前を通過といい感じで先行していく。
件のドロップオフでRYO君がコケたので一斉に押しになったけど、どっちでもよかったので無問題だ。
グラウンドに戻ってきたところでボトルに手を伸ばしたら無い…。
一口も飲んでなかったのに、もったいないことをした(苦笑)。
1周目はすーじー選手と並んで5位。

100620b.jpg

2周目、STを抜けたところで女王さまに抜かれた…速過ぎる。
抜かれるにしてもまだ2周目中盤だもんなぁ。
続くのは自分、すーじー選手、そこに#62選手が加わっての展開。
前に2選手見えているので追いつきたいけど、この3人からいつ抜け出るかがポイント。
だけどペースが落ち着いて後続に迫られることだけは避けたい。
コース後半では#62選手と抜きつ抜かれつ、すーじー選手はちょっと離れたかな?

3周目。
ドロップオフの手前で1人落ちてきたのでパス、これで4、5位に上がった。
まだ3位を走っている#83選手はなんとか見えている、ここが仕掛けどころとST手前でペースアップ。
STを抜けたところで10秒くらいは差をつけたかな?単独で4位に浮上。
前との差は20秒、追いつけるかどうか。

4周目。
グラウンドに戻ってきた時には見えなかったけど、最初の登りでペースダウンしているのがはっきり分かった。
あと2周、逆転するのは充分可能。
イメージとしてはこの周の中盤あたりで追いついて、後半の登りで逆転して5周目を逃げ切るという感じ。
ところが、想いのほか#83選手が伸びず、フィード地点で追いついてしまった。
もう行くしかないと一気にペースアップして突き放しに成功したかに思ったけど、STを抜けた後の登り口の切り返すところで痛恨のミス。
追いつかれてしまった…。
ここが勝負どころとお互いに一歩も譲らなかったけど、先にツケが回ってきたのは自分だった。
堪えきれずに失速。

最終周回。
せっかく追いついたのに振り出しに戻ってしまった。
前後ともにちょっと差が開いた感があるので、中盤の平地区間では脚を休めていた。
奥の牧草地を登りはじめていたところでふと振り返ってみると、#62選手が10秒くらいまで迫っている!?
STで再度点火したものの、かなり脚にきていて伸びが無いのが自分でも分かる。
この選手はダラダラとした登りが強かった、最後のジープロードの登りまで差をキープしたい。
ヘアピンカーブを回る時に聞こえる相手のブレーキ音が近い。
逃げ切りたい。
登りきって最後の下り、追いつかれなかった。


4位でゴール。
今日はスタートからゴールまで落ちることなくレースができた。
どうやら安定期に入ったようです(違)。

ラップタイムは、
13:20
14:14
14:19
14:17
14:37
あ~、やっぱり5周目は休みすぎたんだ…。

3位争いに負けての4位というのが口惜しい。
4周目、もうちょっと冷静に、そのままツキ位置で走っていれば違う展開だったか?
たぶん後ろに追いつかれて逆に厳しくなったかもしれないな。
あの場面では一気に行って間違いじゃなかったと思う。
いけなかったのは登り返しでミスして脚を付いたこと、直後に盛り返そうと箱館山の時の様にガツガツやりあってしまった点。

これで65ptを獲得して5戦合計347ptを獲得。
よほどのことが無い限り、来期エリート昇格は間違いない。
たぶん次の白馬で今期は最後かな。
狙うのはJ1でのシングル、全力全開で行く。
ゲンさんと木島平へ。

ちょっと早いかなぁと思いつつも、渋滞に巻き込まれるよりはと6時に出発したんだけど、道中は順調過ぎて会場には10時過ぎに着いてしまった(えー)。
当初は雨予報だったけど、千葉から長野に向かうにしたがって雨の気配は無くなり、コースもウェット~ドライという感じ。
こりゃー良いほうに予報がハズレたっぽい。
試走は12時半からだったのでヒマでヒマで仕方なかったけど、ドライ仕様にするべくローターのアタリ調整なんかやってたら試走の時間になった。

コースは去年と全く同じ。
長い登りは無い、下りは直滑降的に下りてくる、林間のSTは短くイージー。
距離も短くインナー不要な踏み倒しコース。
唯一の難所はコース真ん中あたりにあるドロップオフというかシケインなところ。
キャンバー状になっていて狭く、枝が張り出していてハンドルを引っ掛けちゃうんだよね。
1回目は失敗、2回目はクリア。

宿は「ふじや」という格安な民宿に、JT師、サトシン、たぬー、ヤマニーシの4選手が集まった。

100619a.jpg

100619b.jpg

とろろそば

100619c.jpg

から揚げ

100619d.jpg

コッチ見んな@鰺の塩焼き

100619e.jpg

山椒味噌な豆腐の田楽?

100619f.jpg

ポテトサラダとコーンスープ

和・洋ごちゃまぜだけど、夕食はボリュームがあってうまけりゃいいんです。


100円テレビだけど後ろからお金が出てくるテレビで、みんなとVSオランダを見る。
結果、0-1で負け。
川島の失点は責められない、シュートが凄すぎた。
むしろ2回のビッグセーブのおかげで失点1で済んだ。
おかげで得失点差でデンマークを上回って2位になることになった。
デンマーク戦は勝つか引き分けで決勝トーナメント進出。

中沢はEXILEにいても違和感ない(ヲイ)。
100618.jpg

アウェイを制する。


やヴぁい、期待していた以上に面白かった。 >食わず嫌い王選手権
牧原アナは反則(ヲイ)。

「大地に咲く一輪の花、キュアブロッサム!」…って、ナナチャーン大勝利なのに罰ゲームやらせるとは(笑)。
うん、とんねるずは良い仕事をした。
プリキュアやってて本当に良かったよ。
じゃないとこんなにイジられなかっただろうなぁ。

それにしてもカワユスなぁ、ここ最近ちょっと劣化がゲフンゲフン。


昨日はエセカーボローディングをするべく、らーめん大@平井店へ。
通勤経路の蔵前橋通り、亀戸~平井の2駅間には、亀戸二郎→らーめん大→本家大黒屋本舗と二郎系には事欠かない。

100617.jpg

ラーメン大盛 ヤサイマシ

ヤサイの盛りはまぁこんなものか(マシマシも可能)。
思ってたよりアブラ分が少ないからアブラマシもアリかも。
豚さんもデフォでこれなら充分。
だけどヤサイがいかん、時間が経った茹で置きっぽい。
もやしェ、テメーはもっとシャキッとしてなくちゃいかんだろっ。

次は塩ラーメンにする、またヤサイがくったりだったらここは×指定。
今日は暑いなぁ、30℃超えたのか。
そういえば火曜日の帰りは余裕で降られたんだっけ。


けいおん11話、そりゃもう素晴らしかったな。
前回のさわちゃん回と2連チャンで最高レベルの回。
さて、今日はナナチャーンだ。


スペインが負け。
圧倒的にボールを支配していたのに負けるという、わりとありがちなパターン。

これで各グループ1巡目が終了。
シード国の初戦の成績はというと、

A組フランス:△
B組アルゼンチン:○
C組イングランド:△
D組ドイツ:○
E組オランダ:○
F組イタリア:△
G組ブラジル:○
H組スペイン:●

やっぱりすんなり勝ちという訳にはいかないようで。

ボクの予想は◎ブラジル、○アルゼンチン、▲ドイツ。
勝ってほしいのはイングランド、オランダ、スペインなんだけどね。


それにしても日本人の手のひら返しが素晴らしいです。
VSカメルーン、まさかの大勝利!!
日本マジ日本(ヲイ)。
これには素直にうれしいの一言。
今までボロクソ言っててゴメンナサイ。
とはいえ、岡田監督についてはやっぱり変わらないな…。
(今日は選手交代が冴えてたけど)

個人的には、松井の先発&期待に違わぬプレーから決勝点をアシストしたってことがもう最高。

今の日本の実力からするとこれ以上ない勝ち方。

この勝ち点3はとても大きい。
だからこそ次のオランダ戦がとても大事。
引き分けは勝ちに等しい、負けるにしても大量失点だけは避けたいところ。
F1の開始時間に目覚ましを合わせて一度は起きたのに、気付いたら残り10周だった。


100614.jpg

いよいよVSカメルーンなわけですが。
ここで負ける=2010年ワールドカップ終了のお知らせ、引き分けでもダメ。
期待はしてないけど応援はする。


にわかに盛り上がりを見せている「はやぶさ」の帰還。
普段は全くといっていいほどコッチ方面の話題に無関心だけど、このニュースにはさすがに感動せざるを得ない。
コッチ方面に関してはこの人とか詳しいはず。
ボクはコッチに強いです(えー)。


先日の君に届け11巻だけでなく、ちはやふる9巻と乙嫁語り2巻も6月発売だったとは。
6時家出で手賀沼へ。

やっぱり昨日の疲れは相当なものだったようで…。
21時過ぎには寝落ちしちゃったし(なんとか布団にはもぐりこんだ)、ノンストップで6時間寝たのもひさしぶり。
脚のダルさもさることながら、サドルに座っているのが苦痛。
お尻が痛くて痛くて気になって仕方がなかった。
微妙に前下がりにしたり、前上がりにしたりと調整してみたもののどうにもならず。
むぅ、合ってないのかな?143mmに戻してみるか。

心拍は60%以下でダラダラしただけ、1周で諦めて帰ってきた。
>3周したのか…負けた。


イングランドVSアメリカ:まさかのポロリに全オレが泣いた…
アルゼンチンVSナイジェリア:マラドーナはマフィアのドン
ウルグアイVSフランス:フランスがイマイチなのは監督が(ry

韓国VSギリシャは前述のとおり見れなかったわけだけど。
アジア勢が欧州勢(強豪国ではないにしろ)に勝つのというは嬉しい。
ダイジェストを見る限り、日本と韓国の差はもはや決定的だなぁと。


今週のハガレン。
ここでまさかのキンブリー登場とはっ!
「美しくない」
くそっ、オイシイところを持って行かれた。
筑波山岳ロード練。
ゲンさんと2人だけだと追い込みきれなさそうだったので、各方面にエサを撒いて4人釣り上げた(ヲイ)。


ルートは先日上げたものから若干変更。

100612a.jpg

100612b.jpg

不動峠~風返峠~ユートピア~きのこ山~加波山~道祖神峠~乗越峠~団子石峠~裏加波山~フルーツライン~裏不動

出掛けにMTBなイナ様とぜんめ選手がやってきたので不動峠からのんびり入る…あ、JT師が行っちゃった。
まぁ、いつものことか。
仕方ないので追いかけて潰したたものの、JT師はオーバーペースで入ったのが災いしてかその後の風返峠でエンスト起こした…。

ユートピア~加波山を経由、団子石峠を経て岩間側に行くつもりだったけど、道を間違えたので道祖神峠から岩間へと逆回りになってしまった。
こっちからだと団子石峠の登りがキツイんだよなぁ。
岩間で休憩後、後半戦突入。

団子石峠の入口は何度来ても間違う。
今回も間違えてしまったので、どうせだからと思いつきで乗越峠も追加(ヲイ)、そして団子石峠へ。
青ちゃん選手が単独で抜け出した、と思ったら見えなくなった。
かなり差があるっぽいけど追いつけるかな?
諦めずに追えば追いつけるかもしれない、頑張って追いついて30秒くらい差も付けた。
前が見えないのに追いかけるのはシンドイ、だけどレースでも度々あるシチュエーション。
だからやっておく。
さすがに裏加波山はダメージ残りでキレ無し…。

時間的にも脚的にもいっぱいいっぱいになったので、超勾配な風返峠は見送ってフルーツライン~裏不動峠で終了。
本当に出し切ったようで裏不動は入口から最後までインナー×ロー(34×25T)のまんまだった。

予定していたルートとは違うけど125km/3200upはクリア。
筑波周辺の峠は1本が15分程度と短いけど、こんなふうに繋ぐことで積算標高を稼ぐこともできる。
長い登りのほうが好きだけど奥多摩まで行かないと無いからなぁ。
家から自走圏内には3分続く坂すら無いので贅沢言ってられません。
少女マンガ率が高いかも。
ウチにある少女マンガは全部ボクが持ち込んだもの。
いや、だってラブコメって面白くね?というか単純に萌える(ヲイ)。

とはいえ、真逆ともいえる北斗の拳はバイブルだけどな(笑)。

ひろひこは「モーニングっぽいマンガ」が好き。


100610a.jpg

「ちはやふる」
競技カルタを主題にした熱いバトルもの(だいたいあってる)。
2008、2009年に各賞を受賞しまくったのもうなずける。
「フルーツバスケット」以来のオレ的大ヒット。

100610b.jpg

「夏目友人帳」
アニメから入った。
「にゃんこ先生かわいいよにゃんこ先生」な萌えマンガ(違)。
アニメが当たったことで原作が注目されるという逆転現象も(というほどでもないか)。

100610c.jpg

「君に届け」
読めば間違いなくキュンキュンする(ヲイ)。
うん、こういうのは大好物だ。
これもアニメから入ったけど、こちらはアニメ化する前から大ヒット。

100610d.jpg

1巻の表紙。
二人は基本的に両思い。
くっつきそうでくっつかない、ちょっとだけ距離がある。

それが10巻になると、

100610e.jpg

こうなるんだゼ!
もうどうにでもしてください。

そんな君に届けの11巻が明日発売なんだよね。
あとはDVD付き特装版を買うべきか、それとも通常版で済ませちゃうか。

>DVDに収録されてるのは第16話(前半総集編)+イベント収録なのか。
だったら通常版でいいや。
都心部で降っていたので今日もナシ。

傷めた親指。
湿布を貼っていたけど良化した感があまり無いので、親指の付け根に円皮針打ってみた(貼ってみた)。
今日で2日目だけど、痛みはあるものの稼動域は広がった気がする。
少なくともシフトチェンジしても気にならないレベル。


件の筑波ロード練は土曜日でお願いします。
ちなみにあれでも丘越えを1つ減らしています(笑)。
雨予報だったのでジテツウは休み。
正直、こうなることを待ちかねていた(ヲイ)。
いや、それくらい疲れているんです・・・。
駅に着いてからポツポツ降ってきたけど、突撃しても大丈夫だったなぁ。


そのかわりといっちゃあなんだけど、週末はガッツリ走る予定。
筑波で山岳メインのロード練。
たぶんこんな感じのルート、軽く死ねるはず。