ワールドカップ初戦、VSコロンビア。
2-1で白星発進!
こうして強敵コロンビアに勝つんだからサッカーはやってみないとホントわからない。
「大迫半端ないって!」でTLは賑わうんだろうな(ヲイ)。
いや、勝ち越し点を決めたのはもちろんだけど、シュートを防いだのがマジ大きかった。

過去のワールドカップ、希望しかなかったジーコジャパンとザックジャパンが沈み、期待値ゼロだった岡田ジャパンはベスト16に進んだ。
西野ジャパンにはあまり期待していないんだけど、却っていいのかもしれないな。
オリンピックも応援すると負けるジンクスあるし…。


改めて数字がらみの規則性問題は苦手だとわかった。
2→4
3→6
X→8
Xは?みたいな。
もうちょい複雑なものになると頭がショートする。
ロードで手賀沼。

#2 42:07 / 169bpm
#3 20:31 / 173bpm
#4 19:56 / 176bpm
#5 21:14 / 174bpm
#6 20:45 / 178bpm

たぶん3月以来の周回練。
MTBじゃないのはFAST TRAKを減らしたくなかったから(ヲイ)。
治ったかなと思っていた風邪がぶり返して昨日はほぼ引きこもり。
まだ喉の痛みと鼻水・鼻づまりはあるけど、貴重な梅雨の晴れ間(曇りだけど)は乗っておかないと。
来週末の天気もどうなるかわからないし。
風邪が治らない(´・ω・`)
昨日はうとうとし始めたところで喉が痛み出すわ鼻が詰まるわで夜中に起き出す始末。
明日会社行きがけに医者に行こうと思ったけど、朝イチ作業が入っちゃって行けないんだよなぁ。


半年間の腹筋コロコロの成果がこちら。

180614.jpg

なんちゃってアスリートらしくなってきたでしょうか?
今度は背面を鍛える番か。
ちなみにうつ伏せから5センチくらいしか顎が上がりません(えー)。


>シュタゲ
指圧師のナイスおっぱ(ry
2週連続で溜め回も抜群の引きの良さ。
4時に目が覚めちゃったのでダイエットサイクリング1時間&ラントレ。

20180610090347fea.jpg

# 33:06

何時雨が降り出すか分からないので近所で低強度クロストレーニング。
CXシーズン以来なので5:30/1kmペースだったけど、2周目から右膝回りに痛みが出てきた。
去年もラントレ再開したら同じように痛みが出たっけ。
効果があるのは実証済み、週1でまた始めようかな?
って言うだけで終わる確率のほうが高い(苦笑)。

引きこもりデーだから午後は宮部みゆきの「楽園」を読み進める。
本を読んでもここ最近はアニメ化されたラノベばかりだけど、宮部みゆきは好きな作家(現代モノのみ)。

料理もお酒もとても美味しかったんだけど、調子に乗って二日酔い_| ̄|○il||li
2合の壁は越えられない壁。
帰宅時から頭痛くて眠いけど寝付けずで止む無く3時頃にロキソニン投下。
お昼頃にお買い物サイクリング=10kmくらいと完全廃人な一日だった。


さなちゃんから初優勝のお祝い絵 (((o(゚▽゚)o)))

201806100903367a3.jpg

おじさん感涙。
田沢湖も優勝目指してがんばるよ。
強制早起きからのビルドダイバーズ&シュタゲ。
唐揚げとバナナしかないってのがラボらしい。 >シュタゲ

○○系で集まってアキバ飲み。

201806091018580be.jpg

20180609101913e87.jpg

生ビール&ハイボールが今週のみ特価ということでふらっと入ったお店。
名酒がズラッとラインナップされていたので「新政 エクリュ」と「醸し人九平次 純米大吟醸」を。
新政はNO.6を一口だけ飲んだことあるけど、こっちのほうが飲みやすい気がするような?
辛口?でいいんだよな??

醸し人九平次、口あたりの良さといい、軽さといいど真ん中ストライク!!
むう、こっちから先に飲むべきだった。
ついカッとなって突撃した。
この先経年劣化は避けられないので今まで以上に練習の効率化を考えなくては。
ピーク時でFTP257wとかだったような。


爆弾投下もどうしてこうなったのか分かってないんだろうなぁ┐(´Д`)г=3
貧乏くじを引く理由は無いのでさっさと撤退しましょうかね。
祝勝会やれや(゚Д゚)ゴルァ!!というのは自然の摂理(ヲイ)。

180606a.jpg

180606b.jpg

180606c.jpg

180606d.jpg

「神田もつ焼きセンター えん」再び。
あいかわらずレバーが美味いヽ(*´∀`)ノ
3月のCXお疲れちゃん会の時はオオキさん、ウスイさん、サトシンさんが優勝していたのでようやく仲間入り。
誰か勝つたびに祝勝会をやりましょうということになったわけだけど。
次に勝つのは誰だ? >田沢湖でも勝つよ。

180606e.jpg

JT師からお祝いを頂いた、さすがデキるオトコは違う。
なのに何故残念理系なのかと小一時間(ry
目が覚めちゃったのでもぞもぞと起き出してV60の洗車とか、矢島酒店に行って日本酒会向けにフルーティーな新作を買ってきたりとか。
で、どうも調子がイマイチなことに気付いた。
軽く風邪引きました。
俗に言う緊張の糸が切れたってやつでしょうか。


一里野帰りあれこれ。
金沢市内から会場に向かうのにいつものR157ではなく県道経由で来たんだけど、途中でハンバーガー屋さんが目に入った。

20180604102831045.jpg

Hello HAMBURGER

20180604102849483.jpg

ダブルチーズバーガー

20180604102901d36.jpg

20180604104357f1f.jpg

ベーコンチーズバーガー

新たな石川遠征グルメを発見したかと思ったけど、LO:14:00なのでエリートのレース後にってのはちょっと難しい。
マスターズの表彰式が終わって宿を出たのが13:20、これでもギリギリだった。
ま、土曜日に食べればいいんだけど。

千葉県民待望の外環がこの週末から三郷南ICから高谷JCTまで開通した!

20180604102914660.jpg

三郷南から自宅まで1時間は掛かっていたのがわずか20分とかもうね(感涙)。
京葉道路にも接続するので高谷JCT(行徳のあたり)~谷津ICまで行かなくてすむのが本当に神。
coupe du Japon XCO#4 一里野温泉スキー場/石川県白山市
天候:晴れ
コースコンディション:ドライ
タイヤ:前Rocket Ron / 後FAST TRAK (F1.2/R1.0)

4時にトイレに起きて軽く二度寝して5時半過ぎに覚醒。
今年は遠征先での寝つきがいい、昨日も瞬殺だったみたい。
宿のわんこが吠えて大変だったって聞いたけど全然気づかなかったし。

201806041026313ab.jpg

20180604102738f44.jpg

ドライ路面でレースを迎えることが確定しているのは気持ちいい。
雨のイメージが多い石川の大会、2日通してドライなのは2014年以来。
簡素ながら朝食も美味しい(そぼろが大好き)。
エリートよりスタート時間が早いのについカッとなってごはん3杯余裕でした…。

先週の富士見同様、日射しが強く気温はみるみるうちに上昇。
アップは気持ち早めに始めていつもの坂で軽めに3本、ミドル2本、仕上げに30踏みダッシュ3本。
エントリーは20数名とやや寂しいものの超マスターズ級を除いたランキング上位者は揃い踏み。
富士見では前半飛ばして失速したから先ずは様子見と思っていたけど、最初の登りでするするっと前に出ることができた。
下りでひと息入れてからの新設セクション、脚付きを懸念していた丸太→石積みの丸太が撤去されていたのはありがたい。
林を出て以前のフィード前で後ろを確認したら後続はまだ見えなかった。
だったらこのまま一気に行っちゃおうとペースアップ。
コース最頂部を下り始める時、後続はまだ登っている途中。

2018060417583537b.jpg

20180604154311774.jpg

ゲレンデ下りで危うくいとうさんに突っ込むところだった(ヲイ)。

2周目。
トップで通過、最初の登りを終えて後続とは20秒程の差を付けていた。
登りきったところで2番手に見えたのはアリモチ選手だったけど、フィード前を過ぎてゲレンデを登り始めた時はサカイ選手に入れ替わっていた。
サカイ選手は最終周回にめちゃくちゃ強いのでとにかく差を開いておきたい。
林間の遊歩道はひと息入れていたけど、この周回だけはギリギリのところまでペースを上げた。

3周目。
最初のSTを抜けて登り始めた時、サカイ選手がドロップオフに差し掛かる手前ですれ違う。
たぶん30秒くらい、逃げ切り体勢へマージンは稼いだか?
オフィシャルフィード前でキッタさんから40秒と教えてもらった。
この先のペースダウンをどれだけ抑えるか踏ん張りどころ&焦りからのミスは絶対にダメ。
ここまでの登りでペースを上げていたのは新設セクション、ゲレンデ登りと遊歩道それぞれの序盤の3か所。
タイム差を確認しづらいところに絞っていた。

4周目。
いよいよ最終周回。
会場アナウンスで差が詰まってきているのが分かり、すれ違いポイントでも3周目より縮まっていた。
差は20秒、登りで振り切れと激を入れられ、もはや死に体ながらもゲレンデ登りを必死にぜーはーして登る。
最頂部から下り始める時、サカイ選手はまだ登っている途中だった。
逃げ切り濃厚。
ゲレンデ下りはコースアウトに気を付け、STでは周回遅れの選手に前を譲ってもらう。
万が一、直後に迫られても間に選手を置くことで1秒でも稼ぎたかった。
最後の下りを終えてゴールラインの手前から両手を上げてガッツポーズ。

201806041543335f8.jpg


40代でも全体でも1位、やっと勝てた。

2018060410281417b.jpg

底辺エリートからマスターズに移行するにあたって目標としていた内の一つがCJ1で優勝すること。
今年は表彰が年代別となったけど、優勝=全体で1位、世代別1位はおまけと思っている。
一里野は自分の脚質とコースの相性の良さから狙っていたレース。
そして、なによりもエリートでも上位に食い込むような超マスターズ級は来ないだろうと思っていたので(ヲイ)。

20180604154347945.jpg

超マスターズ級不在の隙間レースとはいえ、狙っていたレースで優勝できたのは嬉しい限り。