台風直撃で電車は運休&遅延しまくり。
家出直前に雨は上がったし、満員電車で立ちっぱなしより断然楽&時間も読めるのでエクストリームジテツウすることにした。

171023c.jpg

171023a.jpg

171023b.jpg

江戸川河川敷の野球場は水没、サイクリング道路も冠水していた。
コインパーキングの空車表示が支柱からもげていたり、サイドブレーキを掛けていなかったと思われる車が歩道の鉄柵にめり込んでいたけど、走っている分にはエクストリーム感には程遠い雨上がりで風が強い日のジテツウでしかなかった。
今日も終日雨降りなのでなんちゃって筋トレ日。

とりあえずプランクを始めてみて順調に持続時間を延ばして7分までできるようにはなったけど、昨日今日とちょっとやり方をかえてみた。

171022.jpg

プランク耐久レースより効果的なんじゃないかなと。
おねーさんのようになれるでしょうか?
貧相な上半身、うっすらと腹筋割れていてもアバラの浮きっぷりが上回って目立たない(´・ω・`)
午後からいろいろ筋肉痛になってちょい悶絶気味。
今週末は台風の影響で土日とも引きこもりの公算大になりそう。
なもんで、なんちゃって筋トレでお茶を濁す。
昔は腕立て伏せなんで余裕だったけど、連続10回-20秒レスト×3セットで撃沈した。

実家系のあれやこれやを1日がかりでやっつけている合間に矢島酒店へ。

171021a.jpg

「手取川 純米大吟醸 スパークリング」

171021b.jpg

「冩樂 純米吟醸 なごしざけ」

2000円以上のお買い上げで「而今」の販売権が当たる抽選ができるよというので、当たったらお泊り会に持って行けるなと思って。
ハズレても買ったものを持って行けばいい。
買ったのは手取川と冩樂、いずれも絶対間違いないやつ。
冩樂は予定外だったけど、入手困難っていうからついカッとなった。

171021c.jpg

手取川スパークリングはワイングラスで。
風の森の微炭酸とは違って、名前どおりマジしゅわしゅわのスパークリング日本酒。
グレープフルーツとライチを足したような味わいとのことだけど、たしかにそんな感じで飲みやすくて美味しい。
ボクには甘み<苦味が優ったのでグレープフルーツの皮のような味わいと表現しよう。 >台無しだ
2日目以降、よりまろやかになるはずだから楽しみだ。

ちなみに。
抽選は2回とも余裕でハズレた(ヲイ)。
12月に人間ドックを受けるんだけど、改めて検査項目を見てみたらコレって毎年受ける会社の健診と変わらなくね?
組合からの補助金を充てても自己負担2マンかぁ(´・ω・`)


開栓して1週間経った「風の森 ALPHA TYPE1」。
しゅわしゅわ感は消えちゃったけど飲みやすくなった、うん美味しい。
これが俗にいう「落ち着いた」「まろやかになった」っていうことなんだろう。


コバヤシくんは下関DNSか…まぁ難しい判断だよなぁ。
2年前、圏外から逆転残留を決めた者としては最後まで悪足掻きしてもらいたかったところではあるけど。
(早々に諦めたお前が言うな)
来年はエリート5→サマタくん1人だけかぁ。
不甲斐なくてスマン。
一気に寒くなったな。
朝:11.5℃、夜:13.3℃だったけど、帰りのほうが寒く感じて身体の心から冷え切った。
半袖+アームウォーマー+ベストでイケると思っていたけど甘かった。


CSファイナル初戦に勝利!
降雨コールド勝ちと運も味方につけたぞ、こいほー\(^o^)/
レースの疲れが抜けない(´・ω・`)
付け焼刃的な練習からのレースだったってのがよくわかる。
ベース作りマジ大事。
勢いに乗ったまま今週末の信州CX富士山も出るか考えたけど、コンディションを整えること優先でやっぱり止めておこう。
CXシーズンは始まったばかり、先は長いからね。


疲れていたけど夜ラントレ。
strava2度押しでタイマー止まってた(泣)。
感覚的に14分切りペースで走っていたので凹むわ。
シクロクロスミーティング #1 白樺湖 / 長野県茅野市 八子ヶ峰公園

天気:雨
コースコンディション:マッド
タイヤ:F:シラクCXマッド / R:シラクCXマッド (F1.4/R1.5)

全日本選手権以降、すっかりヤル気が無くなってしまった。
夏場は自転車に乗ってはいたもののダラダラと過ごしていて、9月に入ってからようやく重い腰を上げて練習を再開。
XCO底辺エリートの残留は逃したけど、シクロクロス底辺カテ1は残留を決めたい。
そうそう、今までCXでは昔の名残でbbs.xc.jpで走っていたけど、今年からはMTB同様にtours.netで登録。
エースはサマタくん、コバヤシくんも近い内にカテ1に上がってくるだろう。


5時半前に家出、白樺湖へ向かう前にちょろっとミートウィズに立ち寄って富士見組に会い、不要なマンガを宿に押し付けて寄付してから会場入り。
予報どおりの雨&寒さ、気温は8℃前後といったところ。
お昼前の試走時間までは車内で休んでそろそろ準備をといったところでヘルメットを忘れたことに気付いた…。
DNSも止む無しだったけど、会場にいた唯一の知り合いスドーマン選手に借りることができて出走に漕ぎつけた。
本当にありがとうございます。
予備ヘルメット大事、以前使っていたものを車内に置いておこう。

171015a.jpg

コースの9割はゲレンデのアップダウンで雰囲気は一里野っぽいと聞いていたけど正にそんな感じ。
路面は事前に行われたレースで耕されて泥化&草が絡まりやすくなっていた。
ビミョーに上り斜面になっている箇所にあるシケインがいやらしい。
コース最頂部直前は勾配がキツイけどなんとか登り切ることはできる。
2周走ってコースのイメージは掴めたので試走を切り上げてセッティングを見直す。
F:シラクCXマッド/R:シラクCXからリアもマッドに変更。
路面の悪化で件の登りでトラクションが抜けて押しになることを避けたかった。
あと、ハンドルをしゃくってブレーキブラケットを普段より立てることで泥下りでのコントロール性を上げた。

出走は12人、8位に入れば残留チケット=66%をクリアできる。
スタート直後、前走者のRDがホイールに当たったり、落車を避けたりで最後尾になったけど慌てない。
シケイン越えの泥下りや最頂部への登り&直後の下りでポジションアップ。
順位はわからなかったけど8位以内にいるのは間違いない。

2周目に入って6位を走っていると教えてもらい、3周目に入るところで残り5周と決まった。
後ろは20秒ほどで3人パックが追走している。
内1人は格上選手、スワコ2人は地元選手なのでアドバンテージがある筈。
追いつかれてからの地脚勝負になったら勝てないので、こちらに有利なセクションでプッシュして様子を伺う。
シケイン越えからの泥下り、コース最頂部への登りとそこからの泥下り、ジープロード下り。
このセクションは間違いなく自分のほうが速い。

レース中盤。
この悪コンディションで確実に脚は削られていてシケイン越えは止まるようなスピードでも精一杯。
それでも後続とのタイム差は保ち続けていた。
感覚的だけど30秒くらいはあったと思う。
後続は3→2人になっていたので仮に抜かれたとしても8位はキープできるけど、もちろんそんな気は毛頭ない。
とはいえ、前との差は数秒ずつ開き始めていた。
地脚で差を詰められても無理はしない、アドバンテージのある泥セクションでプッシュ。
ペース配分に気をつければ抜かれることは無い。

171015b.jpg

最終周回。
追走は1名、余程のことがない限りこのまま逃げ切れる。
怖いのはメカトラと疲労からの痙攣。
泥セクションは余裕を持ってクリア、登りはトラクションコントロールを意識して力任せで踏み込まない。
終盤のすれ違いポイントでタイム差をキープしたままだったのでようやくひと心地ついた。

171015c.jpg


6位/12人で順位50%、1枚目の残留チケットを獲得。
狙いどおりの結果に満足だ。
コースレイアウトに加え、泥化したことでMTB系のアドバンテージを生かしきった。
このコースはもうちょっと軽いギアが欲しいかな。
38×28T→30、32Tだったらもう少し楽に走れたと思う、ミドルケージのRD買うか。
コースの相性は抜群なので来年も出よう。
明日はやっぱり雨予報で変わらずか。

171014.jpg

レースの準備をするのもひさしぶりだったので準備に手間取った。
めんどくさがらず2台体制でバッチリだ。

MTB系は富士見、関東勢は前橋CX、CX職人はJCX広島と、残留チケット獲得へ向けて条件が整った。
明日は絶対に落とせないなぁ。
正直なところ、もう1週あればと思わなくもないけど頑張ろう。
日曜日の雨予報&寒さに(( ;゚Д゚))ガクブルしている富士見勢が見受けられるけど、さらに標高の高い白樺湖で行われる裏開催の信州CXに出るボクの心中をお察しください。
ああ、たしかにクジラの子は「新世界より」っぽいっていうのがしっくり来るわ(挨拶)。

朝ラントレからのジテツウで太ももが死んでた。

#1 28:37

なんちゃって筋トレ同様、こっちも決め事にしないで気が向いた時にってのがちょうどいい。
ま、週一ペースでは走ってるけど。
自己ベストは26:31/6kmだったかぁ、遠いなぁ。


パサート 2.0 TDI日本導入

きたか…!!

  ( ゚д゚) ガタッ
  /   ヾ
__L| / ̄ ̄ ̄/_
  \/   /